ViTAKTバランシングウォータージェルで肌荒れを防げる?効果を検証してみました♪

ViTAKT ジェル

ニキビやニキビ跡でお困りの方必見♪

もしかしてあなたも間違ったケアをして、より肌に負担をかけているなんて事ありませんか?

ニキビは皮脂が毛穴に詰まって出来るものなので、「よく洗顔をしていれば治る!」と思いがちですが、実は洗顔のしすぎもニキビを治りにくくしている原因の1つなんです。

過度な洗顔をする事で必要な皮脂まで落としてしまうので、新たに余分な皮脂が出てを繰り返し悪循環でニキビが悪化しているという状態に・・・。

そこで必要になってくるのが、「保湿」!

保湿をしっかりする事で、ターンオーバーが正常化し肌荒れも防いでくれるのです。

そこで、保湿効果が優れていると話題の『ViTAKTバランシングウォータージェル』をご紹介!

モデルの道端ジェシカさん、元モーニング娘の高橋愛さんも愛用中とのことで、コレは期待できちゃいますね♪

■ViTAKTバランシングウォータージェル公式ページ■

『ViTAKTバランシングウォータージェル』の保湿力ってどのくらいスゴイの?

配合成分で検証!

代表的な保湿成分である「ヒアルロン酸」よりも保湿の高い「サクラン」を採用!

なんとその保水力はヒアルロン酸の10倍で、保湿力も3倍と保湿には欠かせない大注目成分です。

そしてプラスして、お肌の保湿に欠かせない天然セラミドや3Dヒアルロン酸も加えているので、しっかりとプルプルお肌に導いてくれようですね。

アットコスメのリアルな口コミで検証!

アットコスメ 口コミ引用元:http://www.cosme.net/

■つけてみた感じは、かなりしっとり。ただ、ちょっとペタペタするかな。
イメージはヒアルロン酸系化粧水をつけた感じペタッペタッと手に吸い付く感じ(うまく説明できなくてすみません)これがいいのか悪いのかは分かりませんが保湿感は強いです。

■お肌によくなじみます。保湿されて、お肌がモチモチしました。保湿力が持続して、寝る前につけると、朝までもっちり★

■透明で少しトロリとしたテクスチャーです。保湿力があり浸透力も抜群!
それなのに使用した後はベタつかずサラッとしているので、忙しい朝は特に助かります!

『ViTAKTバランシングウォータージェル』は、天然成分の効果によりたっぷりの保水ができるので、保湿効果も期待出来るようですね!

■ViTAKTバランシングウォータージェル公式ページ■

多くの芸能人も愛用中なんです!

元モーニング娘の高橋愛さん♪

ViTAKT-高橋愛

ViTAKT 高橋愛2引用元:https://www.instagram.com/

仕上がりはこんな感じ。
香りがめっちゃいー!

#めっちゃつけたった
#ぷるんぷるんやで
#アラサー
#ViTAKT さん
#ありがとうございました

道端アンジェリカさん♪

道端アンジェリカ 美容液引用元:https://www.instagram.com/

Good morning
ViTAKTのジェルいただきました
@vitakt.cosme #ViTAKT

ママモデル二宮こずえさん♪

二宮こずえ ViTAKT引用元:https://www.instagram.com/

めんどくさがりのあたしに
もってこいのオールインワンジェルを
ViTAKTから提供していただいた
これ1本で済むなんて最高
#ViTAKT
#バランシングウォータージェル
#時短
#オールインワンジェル
#提供

ViTAKTバランシングウォータージェルがココまで愛される理由は浸透力にあったんです♪

浸透力 温泉

ViTAKTバランシングウォータージェルには豊富な保湿成分が多いようですが、浸透しなくては意味がありません。

そこで、日本人の肌に合う硬度20の超軟水で皮膚と混ざりやすい性質のある「北アルプス温泉水」を使用し、乾燥した肌に短時間で角質層の奥まで潤いを届けるようになっているのです。

だからこそ、他の化粧水とは全く違う効果が期待出来ちゃうようですね♪

ViTAKTバランシングウォータージェルでニキビケアを♪

美肌 ニキビ

乾燥したお肌はバリア機能も低下してしまうので、より肌が硬化して毛穴が開きにくくなってしまい繰り返しニキビが出来やすくなってしまうので、常に保湿を心がけてターンオーバーを出来る状態を保つ事をオススメします♪

ViTAKTバランシングウォータージェルは、今なら初回1,800円+税(送料無料)でお試し出来るのでお得に始めるには今がチャンス♪

2回目以降も15%OFFの8,330円+税なので、継続にも嬉しいコースに♪

是非この機会に憧れの美肌を目指しちゃいましょう!

■ViTAKTバランシングウォータージェル公式ページ■

 

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ